給湯器の凍結予防について

2018/12/27 Thursday

こんにちは。営業部です。
天気予報では、「年末寒波襲来」と言っています。こんな時は、給湯器の凍結にもご注意ください。

給湯器が凍結すると給湯器の水漏れや故障の原因にもなり、予防することが一番大切です。
水を少しずつ流しておくと凍結予防になりますのでお試しください。
【給湯器の場合】

(1)給湯器の 運転スイッチを「切」にする。
(2)ガス栓を閉める。(しめなくてもよい場合もあります)

(3)一番遠いところの給湯栓(お湯の蛇口)を開いて、少量の水(1分間に約400cc・・・太さ約4mm) を流したままにしておく。


給湯器の種類によって少しずつやり方は異なりますので、詳しくはお使いの機種の取扱い説明書でご確認ください。

凍結によりお湯が出ないときは、気温が上昇し自然に氷が解けるのを待っていただくことをお勧めします。
熱湯をかけたりすると古くなった配管などが破損してしまう可能性があります。
コチラ(リンナイさんのホームページ)もご参考になさってください。


また一度凍結した場合、同じ場所が凍結しやすいと考えられますので、凍結防止のため、保温材をまいたりすることをお勧めします。
当社でも施工できますのでご相談ください。
ご相談はこちらまで

関連する記事