キョウプロライフサポーター株式会社キョウプロ

緊急時やお困りのときはすぐにお近くのキョウプロサービス窓口へお電話ください受付時間8:45~17:30月~土曜日(祝日除く)※ガス漏れ等緊急の場合は24時間無休

リフォームでのライフサポート

トップページ   >   LPガスでのライフサポート   >   LPガスご利用案内

LPガスご利用案内

ガス漏れに気づいたら (ガス臭いときは)

ガス臭いときは、次の①から③までを実施いただき、すぐに最寄のサービス窓口までご連絡ください。

窓や戸を大きく開けてください。(換気扇や電気のスイッチはさわらないでください。そのままに)
機器栓やガス栓を閉めてください。
容器バルブを閉めてください。

注意
・マッチやライターなどの火気は絶対に使わないでください。
・換気扇や電気などのスイッチに触らないでください。
・ガス臭いところへは立ち入らないでください。

 必要に応じてご近所にも注意を呼び掛けて避難誘導をお願いします。

緊急時やお困りのときはすぐにお近くのキョウプロサービス窓口へお電話ください

ガスが出ないときは

ガスが出なくなったら、お電話の前にガスが正常な状態かをご確認ください。

ガス臭くないですか?
戸を開け、ガス栓を閉めたうえで
すぐにキョウプロにご連絡ください。
ガスの元栓は開いていますか?
あいていないときは、元栓を開けて
ください。
他のガス機器は使えますか?
ほかのガス機器が使えたときは、ガス器具の故障の可能性があります。キョウプロにて故障修理を承ります。
ガスメーターは点滅していませんか?
ガスメーターの表示をご確認の上、復帰操作をお願いいたします。

災害時の対策


①まずは身の安全を確保してください。大きな地震が起きたときは、ガスメーターが自動的にガスを止めます。

②揺れがおさまったら、安全を確認してください。
 1.ガス機器の火を消してください。
 2.ガス栓をすべて閉めてください。
 3.ガスボンベが倒れたり、チェーンがゆるんだりしていないか確認してください。
 ガス臭いときは、窓を開けて換気し、すぐにキョウプロにご連絡ください。
 その際は換気扇や電気のスイッチにさわらないでください。

③安全を確認してからガスをお使いください。

地震などの揺れを感知すると、ガスメーターが安全のためガスを止める場合があります。
その場合は復帰操作をお願いします。
マイコンメーターの復帰操作


容器バルブを閉め、容器が倒れたり流されたりしないか、しっかりと固定されているかを確かめてください。
避難するときは、二次災害防止のため、容器バルブ及びガス栓を閉めてください。


雪下ろしや除雪などでガス設備が損傷しないよう十分注意してください。
屋外にある給湯器が雪でふさがれたり、排気筒(煙突)がある場合は、雪により折れたり、ふさがったりしないようご注意ください。
異状があった場合は、お近くの当社サービス窓口へご連絡ください。

緊急時やお困りのときはすぐにお近くのキョウプロサービス窓口へお電話ください
※電気のプレーカーも落としてください。
※異常があったと場合は至急、お近くの当社サービス窓口または保安機関へ氏名・住所・状況などをお知らせください。
※再びガスを使うときは、必ずお近くの当社サービス窓口または保安機関の点検を受けてからお使いください。

尚、キョウプロでは全てのご家庭に、万一のガス漏れ、器具の消し忘れ、大きな地震などの時に自動的にガスを遮断する安全機能付のマイコンメーターを設置しています。ガスの長時間使用や地震などの振動で異常を検知した場合、ガスメーターが安全のためガスを止める場合があります。

ガス機器ご使用上のご注意

ガスストーブや小型湯沸器などのガス機器は、室内で換気不十分な状態で使用すると不完全燃焼による一酸化炭素中毒を起こし、死亡事故に至るおそれがございます。ご使用にあたっては下記の点にご注意いただきますようお願いいたします。

小型湯沸器をご利用のお客さまへ

小型湯沸器やガスコンロをご使用いただく場合は、
必ず換気扇を回すか、窓を開けて換気してください。

不完全燃焼防止装置付の機器でも必ず換気をおこなってください。小型湯沸器の長時間連続した使用につながるお風呂・洗濯機への給湯や、シャワー・洗髪への利用などは大変危険ですのでお止め願います。

暖房機器をご利用のお客さまへ

ガスストーブやガスファンヒーターをご使用いただく場合は、
30分に1回、1分程度換気してください

こんなときはご使用をすぐ中止し、お近くのサービス窓口にご連絡ください。

●使用中にイヤなにおいがする ●使用中に火が消える ●前面の塗装が部分的に黒く変色している
●炎があふれている ●ススが付着している

ページの上へ戻る